公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > 食生活アドバイス > コレステロール値が気になる方の食事
食生活アドバイス
コレステロール値が気になる方の食事 食生活アドバイス
まずは「エネルギーをとりすぎないこと」「生活の中に運動をとりいれること」の2点を心がけましょう。

卵や魚卵、肉類を減らしても、その他の食品でエネルギーオーバーになっているようでは、コレステロール値は下がりません。

1.コレステロール値が高くなりやすい食生活
(当てはまることがあれば、そこを変えて様子を見ることをおすすめします。)

お菓子をよく食べる。
(甘くない おせんべい等も含めて)
  夕食後に果物を食べる習慣がある。
(または果物を多く食べる。)
お菓子イラスト   果物イラスト

夕食がいちばん充実しており、
朝、昼食はかんたんにすませることが多い。
  油を使った料理を食べることが多い。
食事イラスト   料理イラスト

夜、乳製品を口にする習慣がある。
  ごはんより、おかずを中心に食べるほうだ。
乳製品イラスト   おかずイラスト

2.積極的に食べたい食品
野菜類、海藻、きのこ類
野菜類は、サラダばかりでなくいろいろな料理で。1日300gから350g程度が目安です。
1食にまとめるのではなく、朝・昼・夕の3食とも食べることを心がけましょう。
野菜類、海藻、きのこ類イラスト

魚介類、大豆製品
魚の脂に含まれるEPAやDHA、大豆に含まれるイソフラボンや食物繊維には、血中コレステロール値の上昇を抑える働きがあります。

ただし、食べれば食べるほど良いというものではありません。
食べすぎはエネルギーのとりすぎ=コレステロール値の上昇、につながります。
魚貝類も大豆製品も1日1種類程度を目安に食べることをおすすめします。
魚介類、大豆製品イラスト
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.