公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > 食生活アドバイス > 血圧が気になる方の食事
食生活アドバイス
血圧が気になる方の食事 食生活アドバイス
『うす味』にしているのに血圧が下がらない、という方は、次のようなことを見直してみましょう。

あなたが頻繁に食べるもので、減らせそうなものはありませんか?
1日の塩分摂取は10g以下にすることをおすすめしています。

1.漬物類をよく食べますか?(梅干し、らっきょう、キムチなども含む)
漬物イラスト・ぬか漬け5切れ(30g)につき塩分1.6g
・梅干しには『低塩』をうたったものもありますが、それでも1個につき約1gの塩分が含まれます。

干物イラスト2.漬物や干物に、しょうゆをかけますか?
もともと味がついています。かけじょうゆをやめる習慣を。
かけじょうゆ小さじ1杯につき、塩分1g

3.みそ汁、すまし汁、スープなどを1日2回くらいは飲みますか?
みそ汁イラスト味をうすくするより、頻度を控えるほうが効果的な場合も。
みそ汁1杯につき、塩分1.4g(一般量)

4.塩さけ、塩辛、佃煮などをよく食べますか?
塩さけ、塩辛、佃煮イラスト小女子の佃煮10gにつき、塩分0.6g
干物など、魚介類の加工品には塩分が多く含まれます。

5.めん類をよく食べますか?その時、汁は飲みますか?
めん類イラスト一般的なうどん一人前をつゆまで残さず食べると、塩分6.4g
つゆを1/2残すと、塩分3.2g(ただし、麺にも塩分は含まれます)

6.練り製品(かまぼこ、ちくわ、さつま揚げ等)や
  ハム、ソーセージなどをよく食べますか?
練り製品、ハム、ソーセージイラスト塩辛く感じなくても、塩分が多いものの代表です。
焼きちくわ1本(100g)に塩分2.1g

野菜類をしっかり食べていますか?

野菜類、いも類、果物に含まれる『カリウム』には、塩分を排出する働きがあるため、積極的に食べることを心がけましょう。野菜を朝昼夕の3食とも食べることをおすすめします。
果物は糖分も多いので1日1回程度に。食べすぎると体脂肪や血中脂質(中性脂肪など)が増えるおそれがあります。

*なお、肥満傾向のある方は、体重を落とすことで血圧が下がりやすいといわれています。
食事の量や内容についても考えてみましょう。(「体重・体脂肪を減らしたい方の食事」参照)

HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.