公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > 食生活アドバイス > 血糖値が気になる方の食事
食生活アドバイス
血糖値が気になる方の食事 食生活アドバイス
基本は『バランスのよい食事』です。これさえ食べれば、という食品はありません。

また、運動する習慣をつけるとよいでしょう。体を動かすことはストレス解消にも効果があります。

1.夕食を食べすぎない。
油を使った料理
1食に1品程度に。夕食だけにまとめない。
油を使った料理イラスト

肉、魚、豆、卵などのたんぱく質源
1食につき主菜1品+副菜に少量。3食に分けて食べる。

≪例≫
目玉焼き、焼きそば、魚料理・冷や奴イラスト

果物、乳製品
体にとって必要な食品ですが、量が多くては血糖の上がる原因となります。1日の目安を守って。

≪果物の適量≫
果物イラスト

≪乳製品の適量≫
乳製品イラスト

2.毎食、野菜をしっかり食べる。
食物繊維を食事のときしっかりとるのが、血糖値を安定させるコツです。

野菜料理イラスト
※1食の野菜のうち半分は緑黄色野菜であるとなお良いです。また、海藻類やきのこ類もおすすめです。

3.菓子類は、ひかえめに。
もし食べるなら少量を食後(朝食後か昼食後)に。
「絶対食べない」ではなく、「食べる日、食べる量」を決めましょう。
菓子類イラスト
4.炭水化物のとりすぎに注意する。
炭水化物(ごはん、パン、めん類など)のとりすぎは
血糖値の上昇に影響します。
必要以上に食べすぎないようにしましょう。
炭水化物単独での食事や、重ね食いはしないようにしましょう。
菓子類イラスト
「おかずだけ食べてごはんぬき」にすると、栄養バランスが崩れて
しまいます。また、ごはんを減らした分おかずの分量を増やすと
塩分や脂質のとりすぎにつながる恐れがありますので
炭水化物を極端にへらしすぎることはおすすめできません。
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.