公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > 食生活アドバイス > 貧血予防の食事
食生活アドバイス
貧血予防の食事 食生活アドバイス
貧血には、鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、悪性貧血、溶血性貧血などがあり、とくに鉄欠乏性貧血は食生活との関連が深いといわれています。
食事だけでは改善されない場合もあるので、まずは主治医に相談することをおすすめします。

1.食事を抜かすことがある方は、まず1日3回食べるよう努めましょう。
食事イラスト

2.3食で鉄分の多い食品をとるよう心がけましょう。
例:あさり、牡蠣、赤身の肉や魚、ほうれんそう、プルーン、など
*菓子パンやインスタント食品のみで食事をすませるような方は要注意。

あさり、カキ、赤身の肉、まぐろ、かつお、ほうれんそうイラスト

3.鉄の吸収をよくしましょう。
・たんぱく質(肉、魚、大豆製品、卵、乳製品のいずれか)と
・ビタミンC(野菜、果物)をいっしょにとりましょう。

よい例:あさりのスパゲティーにグリーンサラダをつける。
よくない例:ざるそばだけ、ごはんにお漬物だけといった食事

食事イラスト

4.鉄の吸収を悪くするものを控えましょう。
食事の直前直後に濃いお茶を飲まないようにする。
玄米を常食していると、鉄の吸収を悪くすることがあります。

濃いお茶、玄米イラスト

5.よく噛んで食べましょう。
噛むことで、唾液がたくさん出て栄養素の吸収も高まります。

イラスト

HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.