公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > ワンポイント体操 > ウォーキング+正しい靴の選び方
ワンポイント体操
ウォーキングをはじめよう!! ワンポイント体操
今まで運動とは無縁だった人も、まずは気軽なウォーキングから始めてみませんか? 適度なウォーキングには、足腰を鍛えるだけでなく、心肺機能を高め、また毛細血管を増やして血圧を安定させるなどさまざまな効用があります。

歩く前には、膝や足首、アキレス腱などをよく曲げ伸ばしして、足を痛めないよう気をつけてください。
また、長時間歩く時や暑い日は水分補給をわすれずに!

ウォーキングのポイント
強さ ニコニコペースで (比較的ラク〜ややきついと感じる速度)
時間 20分〜30分を目標に
(まとまった時間がとりにくい人はともかく5分〜10分でもかまいません。こまめに歩く機会を増やせば効果はあります)
頻度 週1〜2日から始めて3〜5日を目指しましょう

呼吸 ウォーキングイラスト
自分に合ったリズミカルな呼吸で。
 
姿勢
胸を張って背筋を伸ばし、あごは引くようにします。 お腹が出っ張らないよう気をつけて。 うつむき加減にならないよう、数10メートル先の地面に視線を。
   
腕の振り
軽くひじを曲げ、足の動きに合わせ肩の力を抜いて大きく振ります。
 
歩幅
無理な歩き方にならない程度に、なるべく大またで。
  足の運び方説明イラスト
足の運び方
かかとから着地し、足の裏の小指側から親指側へと地面につけていきます。 つま先(親指)でしっかりけりだします。
その際、膝の後を十分伸ばすようにしましょう。

健康は足元から 〜正しい靴選びのすすめ〜
ぴったり合った靴で快適に歩こう!
足に合わない窮屈な靴は歩きにくく危険なばかりか、足にさまざまな障害を引き起こす原因になります。自分の足にぴったりフィットした靴に出会えると、歩くことがぐんと楽しくなりますよ。

フィットする靴イラスト合わない靴で深刻な症状も
若い女性を中心に、手術が必要なケースなど深刻な症状も目立つようになった「外反母趾」。足の親指が小指方向に大きく曲がって、親指のつけ値部分が突出してしまう足の変形のことですが、これもハイヒールなど足に無理な負担をかける靴を履き続けることが大きな原因と言われています。この他、ウオノメやタコ、爪が変形して肉に食い込んでしまう「陥入爪」なども、足に合わない靴が原因で起こる場合が少なくありません。

フィットする靴を選ぶには
靴を選ぶ時には、次のポイントを押さえておきましょう。
  1. つま先やくるぶし、足の甲が靴に当たらないこと。1cm程度の余裕がある。
  2. 幅が広めで余裕のあるもの。靴の中で指が動かせる。
  3. かかとや土踏まず部分のカーブが足に合っているもの。
  4. 靴底が硬すぎないもの。着地のショックをやわらげるよう、かかとに厚みがあり、靴底にもある程度弾力がある。
  5. 圧迫を感じない。柔らかい素材を使っている。

〈幅〉
 幅が広く靴の中で指が動かせる。
〈つま先〉
 1cm程度の余裕がある。
〈甲〉
 圧迫を感じない。
 柔らかい素材を使っている。
〈かかと・靴底〉
 着地のショックをやわらげるよう、かかとに厚みがあり、靴底にもある程度弾力がある。

ウォーキングなどに使用する靴の場合は、この他に
 ひもで調節できるもの
 通気性の良いもの
 全体的に軽いもの
といった点も要チェックです。  
また、靴を買うのは、足がむくんで幅が最大になっている夕方に。最近では、靴選びの専門家であるシューフィッターのいる靴店も増えていますので、一度相談してみるのもおすすめです。
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.