公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > ワンポイント体操 > 尿失禁体操
ワンポイント体操
尿失禁予防体操(骨盤底筋体操)今から実行して老後を快適に。 ワンポイント体操
誰にもあることではありませんが、咳やくしゃみなどで尿がもれてしまう女性がいます。これは、尿道を縮める括約筋や骨盤底筋が弱いことが原因でおこる「腹圧性尿失禁」と言います。

体操のポイント
お通じやおしっこを我慢するような感じで肛門や尿道、膣を縮めます。肩に力が入ったり、息を止めたりしないように注意しましょう。
ゆっくりと5つ数えるまで、縮めたままに。力を抜くときはゆっくりと。
毎日40〜100回位行って下さい。続けることで習慣化します。

A)仰向けの姿勢で B)四つんばい姿勢
仰向けは体がもっともリラックスしやすい姿勢です。ふとんの中でも手軽にできます。
仰向けの姿勢イラスト
新聞を読みながらでも。
四つんばい姿勢イラスト
   
C)座った姿勢で D)机にもたれた姿勢で
乗り物に乗っている時でも。
座った姿勢イラスト
家事や仕事の合間に。
机にもたれた姿勢イラスト


背筋をつける(各5回〜10回) 腹筋をつける(各5回〜10回)
背筋をつけることも尿失禁の予防に効果があります。
仰向けになり膝を立てます。
尿道、膣をしめながら、図のように腰をできるだけ高く持ち上げます。
背中、お尻の順に下ろして、力を抜いてリラックスします。
背筋イラスト
腹筋には尿道を正しい位置に支えておき、便を押しだすなどの大切な役割があります。
仰向けになり、膝を立てます。
おへそをのぞくように上半身を起こし、その体勢を維持。この時、肛門と膣をしめておきあがるようにるすと、より効果的。
腹筋イラスト

誰であれ、体のどの部分であれ、使わない筋肉は衰えていくものです。女性である限り習慣づけ、長く続けることが大切です。
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.