公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > ワンポイント体操 > 糖尿病予防のための無理のない運動
ワンポイント体操
糖尿病予防に効果的無理なくできる運動の実践! ワンポイント体操
40分のウォーキング
大きな筋肉が集まっている脚部を使うウォーキングは、糖尿病の運動療法としてもっともすぐれています。また、全身の筋肉を使い、膝への負担も軽い水中運動などもおすすめです。

正しい姿勢で効果アップ
イラスト背筋を伸ばし腕を振って、歩幅を広めにして軽快に歩きましょう。

脚だけでなく背中やお尻、腕の筋肉もよく動き、運動の効果が高まります。

1分間に80mを目安に、「らく」から「ややきつい」と感じる程度のスピードで。慣れてきたらスピードアップしましょう。

30分以上は続けましょう。
20分を2回行うのもOK。
長くても60分程度で十分です。

膝や腰に負担がかからないよう、底が厚めのウォーキングシューズがおすすめです。

運動負荷測定&運動処方
保健センターでは、これから運動を始めるにあたって心機能の状態を知りたい人などを対象に、トレッドミルによる運動負荷測定を行っています。

さらに、検査結果に基づき、医師の運動処方をもとにした実技指導を行います。今まであまり運動をしたことのない方は、体力に合った安全で効果的な運動量を知るためにぜひ一度受けてみてください。

運動負荷測定
 実施日:毎週火曜日午後(要予約)
 測定料金:2000円
 ※健康度測定受診後1年以内にお受けください。

詳しくは、運動負荷測定ページ、健康度測定ページをご覧ください。
 
筋肉と関節の柔軟性を高め、体調を整えましょう
10分の筋力づくり運動
全身の筋肉に刺激を与えることで基礎代謝が上がり、血糖コントロールに有効です。


10分の筋力づくり運動イラスト
10分のストレッチ体操
家事や仕事の合間にもできる簡単ストレッチ。 ラジオ体操やテレビ体操と組み合わせても。 ウォーキングの前後にも、ぜひ行ってください。
10分のストレッチ体操イラスト
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.