公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > ワンポイント体操 > ぜんそく予防体操
ワンポイント体操
体力づくりで発作を和らげる ぜんそく予防体操 ワンポイント体操
発作が起こって呼吸困難になった場合でも、うまく空気を吐き出せるようにからだを鍛えておきましょう。

ぜんそく体操は、腹式呼吸を覚えるとともに、横隔膜を押し上げる胸やおなかなどの筋肉を鍛え、発作時の呼吸を楽にするのが目的です。

※回数は自分の体力に合わせて、無理なく行ってください。
※目安は、自分が一度に楽にできる回数で行ってください。

腹筋と背筋を鍛える運動
腹筋と背筋は呼吸器官を動かす働きがあります。この筋肉を鍛えることで、楽に呼吸ができるようになります。
腹筋と背筋を鍛える運動イラスト

腹式呼吸
深くて長い呼吸は、横隔膜の運動になるとともに、自律神経を調和させ、脳の血液循環を活発にします。ぜんそくの方だけでなく、からだのリラックス法としても覚えておくと良いと思います。
1日何度でも、時間を見つけて行ってみてください。
(1分間に3〜4回を目安にしてください。)

腹式呼吸イラスト
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.