公益財団法人世田谷区保健センター

文字サイズ縮小標準拡大
各種問合せ・申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康増進 > 骨密度測定
骨密度測定
「骨密度検査」で骨の健康をチェック!
骨粗しょう症とは…
骨のカルシウム量(骨量)が減ることで骨がスカスカになり、骨強度が低下して骨折しやすくなる病気です。

骨密度は20歳前後でピークに達します。その後40歳代半ばまでほぼ一定ですが、50歳前後から急速に低下していきます。女性は男性の約3倍多く、80歳代では女性の約半数が骨粗しょう症になっています。
男性は高齢に伴って骨粗しょう症による骨折のリスクが高まります。

自分の骨の状態を把握し、早めの対策をとることが肝心です!

自分の骨の状態を把握し、早めの対策をとることが肝心です!



検査方法
超音波による踵骨測定
  • 骨粗しょう症などの骨代謝疾患の病変は、まず海綿骨に現れるといわれています。
    踵骨(かかと)は、薄い皮質骨とその内部に充填された海綿骨で構成されており背骨や腰の骨と似た構造をしています。
  • 放射線を使用しないため、被曝の心配がありません。


お申込み方法イラスト お申込み方法
 
実施日
曜日 木曜日 金曜日


11:00 11:00
11:15 11:15
11:30 11:30

3:00
3:15
3:30
定員 各1名
※他の事業との関連で休止日があります。(申し込み時にご確認ください)

対象
20歳以上

費用
1,000円

予約方法
以下のいずれかの方法にて、前日までにご予約下さい。
1.お電話にてお申込みください。受付電話番号:03-6265-7463 事業担当まで
2.総合プラザ2F保健センター受付で、ご予約ください。
 
健康増進
健康づくり教室・コース
健康づくりのための測定
健康づくり支援
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.