公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 財団の今・明日 > 施設のホスピタリティ向上
施設のホスピタリティ向上
財団法人世田谷区保健センターは、指定管理者として、また平成23年度からの公益財団法人認定を目指して、平成21年度より下記の取り組みを行い、世田谷区立保健センター施設の改善をおこなっています。安全で利用しやすい施設を目指して、下記の取り組みを行いました。
1.安心・安全への取り組み
(1)緊急地震速報が全館放送されます。
震度4以上の地震が予測されると、直ちに全館放送される緊急地震速報のシステムを導入しました。 
(2)エレベーター防災用椅子の設置
震災時などエレベーターに閉じ込められた時のために、水・食料・防寒具・照明・笛が入り、また簡易トイレにもなる防災用椅子を設置しています。

緊急地震速報
エレベーター防災用椅子

(3)お子様連れの方のためにベビーシート、ベビーキープを設置しました。
地下1階の障害者用のトイレに、ベビーシート(おむつ交換台)とベビーキープ(小さなお子様を対面で座らせておく椅子)を設置し、多目的トイレにいたしました。
ベビーシートベビーキープ
(4)入口エントランスのタイルを防滑加工しました。
雨天時に外部のエントランスのタイルが滑りやすかったため、防滑加工し、すべりにくくしました。
(5)入口の街灯を明るくしました。
暗くなってからの出入りの際、足元が暗かったため、街灯をリニューアルして明るくいたしました。

エントランス
入口の街灯



2.バリアフリーの改修
(1)時間外の出入口階段に手すりを設置しました。
地下1階の警備室へとつながる外部の階段に手すりを設置しました。
(2)すべてのトイレに手すりを設置しました。
和式・洋式のトイレの全てと、男性用トイレは各室一つずつ、手すりを設置いたしました。(地下1階〜3階)

手すり
トイレの手すり

(3)中央階段の手すりを延長しました。
地下1階から2階へつながる中央階段は、手すりが階段の上下部分しかないため、延長しました。
(4)段差の解消につとめています。
図は、2階運動指導室入口の段差を解消したものです。

手すりの延長
段差の解消



3.ホスピタリティ向上への取り組み
(1)杖置きホルダーの取り付け
杖をご利用の方が受付の際に杖を倒してしまわないよう、杖置きホルダーを取り付けました。
(2)花が溢れる保健センター
利用者の方が快適にお過ごしいただけるよう、外部掲示板の廻りを花壇に改修するなど、区民の方のボランティアにより、常に花が咲いている環境を実現しました。

杖置きホルダー
花壇

(3)植栽に潅水チューブを設置しました。
保健センターをぐるりと囲む植栽が水不足にならないよう、水道をつなぐだけで徐々に水やりができる潅水チューブを設置しました。
(4)トイレ個室に荷物置きを取り付けました。
快適に利用していただけるよう、個室内に荷物置きを取り付けました。

潅水チューブ
トイレ個室の荷物置き

(5)世田谷通りから曲がる部分の歩道の標識を塗りなおしました。
標識の地の色を黄色にして、遠目でもすぐに判るよう塗りなおしました。
(6)自転車用通路の床案内を作りました。
自転車を置くための通路が判りにくかったため、床に案内を作りました。

標識
自転車用通路の床案内

(7)入口すぐに案内板を吊りました。
初めて保健センターをご利用になる方にとって、エレベーターとトイレが角になっていて場所が判りにくかったため、天井より吊りの案内板を設置しました。
(8)受付カウンターに荷物置き台を設置しました。
カウンターでのお客様の手荷物用に、荷物置きを設置しました。

案内板
荷物置き台

(9)世田谷区立総合福祉センターをご利用の方の作品を掲載しています。
財団のもうひとつの事業所である世田谷区立総合福祉センターのご利用の方から、季節に合わせて作品を作っていただき、入口付近に展示しています。
作品1作品2


エコへの取り組み
(1)冷暖房の効率を上げるためエアーカーテンを設置しました。
1階自動ドア及び階段室にエアーカーテンを取り付け、冷暖気を遮断して熱効率を高め、節電しました。エアーカーテンは蚊やほこりの侵入も防ぐ効果があります。
(2)LEDライトを導入し、省エネと低炭素を目指しています。
図は1階外の夜間用LEDライトです。

エアーカーテン
LEDライト

(3)照明は太陽光のみを使っています。
保健センターの外部掲示板と花壇を、夜間、ソーラーパネルとLEDライトで優しく照らしています。

外部掲示板と花壇


財団の今・明日
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.