公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > 上手な心とからだの休め方 > アロマテラピー
上手な心とからだの休め方
アロマテラピー 上手な心とからだの休め方
香りの持つ不思議な効果
アロマテラピー−イラスト
今、注目のアロマテラピー、ご存じですか。アロマテラピーとは、芳香療法のこと。

ハーブのもつエネルギーを利用して、心身のバランスを整える古くから伝わる自然療法のひとつです。ヨーロッパでは医学として病気の医療などにも用いられています。ハーブといえば香りが命。

この香りを放つ源がエッセンシャルオイルです。植物の種子や花、葉、木、果実などから抽出され、日本では精油と呼ばれています。エッセンシャルオイルはそれぞれ香りが違うように効用も違います。

その時々の気分や症状に合わせて選ぶことが大切です。気持ちよい香りをかぐとホッとしますが、嫌な香りをかぐと気分までめいってきます。

そのため自分の好きな香りを選ぶことが大切です。そして、エッセンシャルオイルを熱湯にたらしたり、お風呂にいれたり、マッサージに使ったり、体への吸収方法はいろいろ。

精神的にリラックスしながら体を癒す、香りの持つ不思議な効果を毎日の生活の中に取り入れてみませんか。

ハーブ別効用
ジャスミン 神経の高ぶりを抑え度胸をつける働きがあります。鼻から吸い込んだりハーブ・バスなどに。
ゼラニウム 甘い香りが緊張を解きほぐします。肌を美しくする効果もあります。ハーブ・バスやマッサージに。
バジル バジリコのこと。甘くさわやかな香りが、頭と心をすっきりさせます。お湯で薄めるか、ティッシュにしみ込ませて吸入。ハーブ・バスにも。
ローズ 興奮や緊張を抑え、沈んだ心に活力を与えます。ミネラルウォーターに入れ、スキンケアに使うのも。
ペパーミント スッキリとした香りが頭の疲労をやわらげます。頭痛やめまいを抑える効果も。夏のハーブ・バスに最適。
マジョラム 頭痛、歯痛、間接痛、消化不良にもいいとか。興奮をしずめ眠れないときにも効果大。お湯にたらして香りを吸い込みましょう。
ラヴェンダー 心の緊張を解きほぐし安眠をもたらします。ハーブ・バス、ティッシュに含ませたり、お湯にたらして吸入。植物油でうすめたオイルでマッサージすると素肌を若々しく保てます。
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.