公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > 上手な心とからだの休め方 > 枕の選び方
上手な心とからだの休め方
枕の選び方 上手な心とからだの休め方
あなたは快眠してますか? 健康によい枕の選び方
春眠、暁を覚えず。

これは「春の夜は気持ちがよいので、ついつい夜更かしをしてしまい、朝になったのも知らずに眠りがちだ」という意味です。

しかし、夜更かしをしていなくても、春のポカポカ陽気は人の眠気を誘います。そこで今回の健康コラムは、快眠には欠かせない「健康によい枕選び」をテーマにお届けします。  

まず、枕で一番大切なのは、その高さです。枕が高すぎる場合は肩こりや血行障害が起こりやすくなり、低すぎる場合でも同じように肩がこったり、顔がむくむなどのマイナス面があらわれやすくなります。  

では、その人にあった理想的な枕は?ということになりますが、枕の理想的な高さは「その人が立っているときと同じ姿勢がとれる高さ」なのだそうです。  

今言った枕の高さとは、枕そのものの高さではありません。頭を枕にのせて一番沈み込んだ部分の高さを指しているのです。当然それには枕の硬さも関係してきますが、硬すぎず柔らかすぎず、頭が20%ほど沈む枕が理想とされています。  

また、具体的に言うと、理想的な枕の高さは頸椎弧プラスマイナス1〜2センチといわれています。頸椎弧とは首の後ろの曲がり具合のことです(図2参照)。正確に測りたいという人は、デパートの寝具売り場などに行くと良いでしょう。  

私たち人間は人生の3分の1が睡眠といわれています。ということは3分の1を寝具の中で過ごすということ。快眠や健康に重要な役割を果たす枕を一度見直してみてはいかがでしょうか。

枕の選び方−イラスト
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.