公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > 上手な心とからだの休め方 > 歯周病を予防
上手な心とからだの休め方
歯周病を予防して健康でおいしい毎日を! 上手な心とからだの休め方
いくつになっても自分の歯で食べよう
歯は老化によって抜け落ちることはありません。中高年になって歯が抜ける最大の原因は、歯周病にあります。つまり、歯周病をしっかり予防すれば、年を取っても自分の歯でおいしく食事ができるのです。

おいしいご飯と健康のために、大切な歯を歯周病から守りましょう!

歯周病と歯槽膿漏
歯周病という病名にピンとこない方も、「歯槽膿漏」と聞けばその深刻さがおわかりになるでしょう。歯槽膿漏は、歯を支える歯槽骨が溶けだし、最後にはポロポロと歯が抜けてしまう恐い病気です。

歯茎の炎症である「歯肉炎」の段階から病気が始まっているという考えで、現在では歯肉炎と歯槽膿漏の両方を「歯周病」と呼んでいます。
歯周病を予防して健康でおいしい毎日を!−イラスト

歯周病の悪影響は全身に
現在、40歳以上の人の歯を失う原因の第一位が、この歯周病によるものです。歯は1本でもなくなると、噛み合わせに大きく影響し、その結果、さまざまな症状があらわれてきます。

たとえば、よく噛めないため胃に負担がかかったり、噛まずに食べることで満腹感を感じにくくなり、肥満や生活習慣病につながったり。また、噛み合わせの悪さは姿勢を歪ませ、肩こりや腰痛を引き起こすことにもなります。

予防の基本は歯磨きと定期検診
歯周病は、歯と歯茎の間にたまった歯垢にすむ細菌(歯周病菌)のしわざ。この細菌が歯茎に炎症を起こし、ついには歯槽骨を破壊するため歯が抜けてしまうのです。

ですから、歯周病の一番の予防は、細菌のすみかである歯垢をきちんと取りのぞくことにあります。毎食後、歯と歯茎の間を丁寧に磨きましょう。

また、歯周病も早期発見・早期治療が大切です。初期の歯周病はほとんど自覚症状がありません。半年に一度は歯科医のもとで定期検診を受け、必要に応じて歯石の除去やブラッシング指導など、歯の健康をトータルチェックしてもらう機会を作るとよいでしょう。
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.