公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 健康情報 > 上手な心とからだの休め方 > サイクリングを楽しもう
上手な心とからだの休め方
サイクリングを楽しもう 上手な心とからだの休め方
ストレス・運動不足をまとめて解消!
サイクリングを楽しもう−イラスト
都市生活の必需品ともいえる自転車。買物や通勤・通学に利用するだけでは、もったいない。ときには、ちょっと遠くの町まで、サイクリングに出かけてみませんか?

移り変わる風景を楽しみながら風を切って自転車を走らせれば、気分もすっきり爽快になりますよ!

まずは愛車のチェック!
毎日なにげなく乗っている自転車ですが、少し遠出をするなら、正しい乗車姿勢で走ることが大切です。無理な姿勢では、体のあちこちによけいな負担がかかって、すぐに疲れたり筋肉痛に。ハンドルやサドルの高さは、自分の体に合わせて調節しておきましょう。

また、タイヤの空気やブレーキなどのチェックもお忘れなく。調節やメンテナンスが自分でうまくできないときは、自転車店で相談してみてください。

安全走行のポイント
自転車は左側通行です。交通ルールを守って、安全に走りましょう。安全対策として、サイクリング用ヘルメットもおすすめです(自転車店やホームセンターで購入できます)。また、日射病・脱水の予防のために、帽子と飲み物は必需品です。

夜間は、反射テープや目立つ色の服など、車からよく見えるような対策を。もちろん、無灯火走行・路上放置は厳禁です!

目的地は無理のないところに
初めてのサイクリングの目的地は、気軽に出かけられる場所に。区内にも、自転車で快適に走ることのできるコースがあちこちにあります。公園内のコースなら、小さなお子さんと一緒でも安全に楽しく走れます。動植物の図鑑やカメラ、スケッチブックなどがあれば、さらに楽しみが広がりそうですね。

世田谷区内おすすめコース
砧ファミリーパーク
駒沢公園
野川沿いサイクリングロード
北沢川・烏山川緑道

サドルの高さは、ペダルが一番下のときに膝が軽く曲がる程度。ペダルは足の幅の一番広いところで踏みます。土踏まずで踏むと疲れやすくなります。
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.