公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 精密検査 > 乳房精密検査
乳房精密検査
乳房精密検査イラスト日本では乳がんにかかる人の割合(罹患率)が年々増加傾向を示し、女性の臓器別罹患率では、大腸がんとともに増えており、20人に1人が乳がんになると言われています。

年齢別では30歳代から増加しはじめ、40歳代後半から50歳代前半にピークがみられます。(参考資料:乳がん年次推移グラフ

乳がんは、ごく早期に発見し適切に治療することでその多くは完全に治すことができます。

初期の段階では無症状のことが多く、触れてもわからないごく早期のがんを発見するためには、乳がん検診を受けることが重要です。

また、しこり等の異常を感じたら早めに医療機関を受診し精密検査を受けましょう。

乳房精密検査とは?
乳がん検診で、1.腫瘤がある 2.微細状などの石灰化がある 3.乳頭陥凹が見られたなどの異常所見がある場合に、その異常が良性か悪性(がん)かの鑑別、性状や大きさ等を詳しく調べるために、マンモグラフィ、超音波検査、細胞診検査などが行われます。


検査の特徴
マンモグラフィ
マンモグラフィ+スポット画像乳がん検診にも用いられているように、乳がんによる病変の検出には有用な装置です。乳腺が少なくなった閉経後や高齢者の乳房では診断しやすく、特に、しこりを触れることのない早期の乳がんを石灰化で発見できるのが特徴です。

乳がん検診では40歳以上の女性にマンモグラフィを用いることがすすめられていますが、乳腺組織の発達した方や若い方では描出性が弱く、これのみで100%正確に乳がんを診断できる訳ではありません。

そのため、超音波検査や細胞診などとの組み合わせが必要となります。

超音波検査
乳房エコー画像この検査は痛みや不快感がなく、放射線を用いないため被爆の心配もない安全な検査です。超音波検査では、マンモグラフィで写しだすことが難しい比較的若い人のしこりを見つけることができます。

しかし、逆に、超音波検査では、マンモグラフィで検出できる微細な石灰化がほとんど描出できません。すなわち、超音波検査とマンモグラフィの両方の検査を受けることが重要です。


検査内容と流れ
1.問診    
既往歴や現在の症状や経過などをお聞きします。  

2.マンモグラフィ    
マンモグラフィ撮影装置写真乳房専用のエックス線装置で左右両側の乳房撮影を行います。
放射線の被曝量は、自然界の放射線レベルと同程度の低さなので被爆の心配はいりません。 ただし、妊娠中や妊娠が疑われる場合は念のため検査を行いません。
また、産後6か月以内の方は画像の信頼性が低いため撮影しません。

乳房全体のX線撮影ではっきりしない部分が見られた場合、局所的な撮影を追加することがあります。これをスポット撮影といいます。気になる部分を少し圧迫して撮影します。

3.視触診

乳房の形や皮膚の変化をみたり、乳房に腫瘤がないか、乳頭からの分泌物がないかなどを調べます。また、腋窩(わきの下)リンパ節が触れないかも調べます。

4.超音波検査
超音波診断装置写真乳房の上から超音波をあて反射波(エコー)を画像化して診断する方法です。痛みもなく、放射線被爆の心配もない安全な検査です。

超音波装置に映るしこりの形や内部の状態、辺縁の状態などを詳細に観察し、病変の診断を行います。

超音波検査について、詳しくは、乳房超音波検査をご覧ください。

5.細胞診検査
細胞診これまで(上記)の検査で悪性が疑われたり、良悪の鑑別が難しい場合に細胞診が行われます。
  • 穿刺吸引細胞診
    乳房の病変部分に細い針を刺して注射器で細胞を吸い取り、顕微鏡で細胞の状態を調べます。
  • 乳頭分泌物細胞診
    乳頭から出る分泌物を採取し、分泌物に含まれる細胞を顕微鏡で観察し診断します。

6.結果説明
結果はその日の検査を乳腺専門医が総合的に判断し、検査終了後に診察室でご説明いたします。ただし、細胞診検査を行った場合は1週間後になります。


検査の注意事項
  • マンモグラフィでは、乳房を圧迫板ではさんで行うため、圧迫により不快感や痛みを伴う可能性がありますので、乳房の緊張や腫れがある月経期の検査は避けてください。
  • 検査で上半身の服は脱いでいただきますので、上下の分かれる服装だと簡単です。


月に一度の自己検診を習慣に
『乳がん検診』 は2年に1度ですから、その検診までの間に乳がんにならないとは限りません。 早期発見のために、乳房の自己検診をお勧めします。
 
1.生理が終わってから1週間前後
 
2.閉経後の方は「毎月○日」
と日を決めておくといいでしょう


詳しくは、乳がん検診の乳がん自己検診をご覧ください。


「乳がんモデル」を設置しました!
乳がんモデル写真このたび、自己検診チェックのための【乳がんモデル】を2台設置しました。
  • 触診のしかた
  • しこりの確認
  • ひきつれなど異常所見の見え方など
機会がありましたら、ぜひお気軽に触って練習してください。


検査のお申込みについてイラスト 検査のお申込みについて
 
  • 当センターで検査をお受けいただくためには、医療機関からの紹介(検査依頼)が必要です。  かかりつけ医または医療機関にご相談ください。
  • 検査はすべて予約制になっています。
  • 各学会認定専門医等による検査・診断を行い、必要な場合は治療方針などもご提案します。
 
精密検査
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.