公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 精密検査 > 内視鏡検査(胃・大腸)
内視鏡検査(胃・大腸)
内視鏡検査とは?

内視鏡検査イラスト細い管(スコープ)の先端についているカメラにより、食道 ・ 胃 ・ 十二指腸、および大腸の状態を直接テレビモニターに鮮明に映して診る検査です。

当センターでは、より細い最新式のハイビジョン対応・高画質内視鏡及び、狭帯域光観察(病変の早期発見にこれまで以上に威力を発揮するNBI)システムを使用しており、ごく初期の小さな病変も見つけることができます。

検査 ・ 診断は全員、経験豊富な『消化器内視鏡学会 認定専門医』が担当いたします。



スコープ写真 内視鏡機器写真


以下の様な方は、内視鏡検査をお勧めします。
以下の理由で検査をご希望の場合は、かかりつけ主治医を通してお申し込みください。

胃がん検診で「精密検査が必要」
とされた方
医療機関で内視鏡検査を勧められて
いる方
自覚症状があり内視鏡検査をしたい方
大腸がん検診で「精密検査が必要」
とされた方
医療機関で大腸内視鏡検査を勧め
られている方
自覚症状があり大腸に心配をお持ちの方

上部消化管内視鏡検査をご覧ください
>> 詳細を見る

下部消化管内視鏡検査をご覧ください
>> 詳細を見る

上部消化管内視鏡検査
組織検査(ピロリ菌)写真上部消化管(食道・ 胃 ・十二指腸)をていねいに観察し、癌 ・ 潰瘍 ・ ポリープ ・ 胃炎などの病変の有無を調べ、必要に応じて病変部の組織の一部を採取(生検)して、良性 ・ 悪性の鑑別を行うため病理組織診検査を行っています。

さらに必要な場合は、同時にヘリコバクターピロリ菌の検査や除菌判定( 鏡検法 ・ ギムザ染色 )まで行います。

※抗凝固剤などの血液をさらさらにする薬を常用されている方は、数日前から服用を中止する必要があります。
※ご希望の方には、鎮静剤を注射して行うこともできますが、高齢の方や既往症によっては使用できない場合もあります。
なお当センターでは経鼻内視鏡による検査は行なっておりません。

胃ポリープ写真 胃がん写真 逆流性食道炎写真


検査内容と流れ

1.検査前日
夕食は夜9時までに終了し、それ以降の飲食・喫煙はやめてください。ただし、お水は可能です。

2.検査当日
当日の朝食は絶食です。お水(200ml位)は可能ですが、牛乳・ジュース・お茶などは飲まないでください。当日、血圧の薬などを服用した方は、お申し出下さい。
  1. 問診
    既往歴、薬剤アレルギー等を確認します。
  2. 前処置
    のどの麻酔などを行います。鎮静剤をご希望の方は、検査室で注射をします。
  3. 検査
    検査は約10分位で終わります。当センターは、病理組織診断までで、治療は行なっておりません。
  4. 検査後
    のどの麻酔が効いているため1時間は絶飲食になります。当日の生活・食事などの注意事項を説明いたします。
3.検査結果について
検査終了後、担当医師より説明があります。詳しい検査結果は、後日、主治医へ郵送しますので必ず説明を受けてください。



下部消化管内視鏡検査
直腸から回盲部までの全大腸を詳しく観察して、大腸がんのほかポリープ、憩室、大腸炎などを診断し、同時に必要に応じて病変部から採取した組織(生検)について、顕微鏡による病理組織診断まで行います。
※当センターでは入院設備がないため、80歳以上の方、腎不全・透析中・急性期心疾患・多量ステロイド剤治療中の患者様の検査はお断りしております。

大腸ポリープ写真 大腸癌写真 大腸憩室写真


検査内容と流れ

1.前処置説明 [水曜日、AM10:45来所(終了は12:00頃)]
大腸内視鏡検査をスムーズに行うためには前もっての準備が重要です。
大腸をきれいにして粘膜面が詳しく観察できるようにするため、食事の注意や下剤の服用について説明します。
また、その時に検査担当医師による問診がありますので、必ずご本人が来所して下さい。

2.検査前日
検査食の注意など「大腸内視鏡検査を受けられる患者さんへ」のパンフレットに記載の注意事項をお守りください。

3.検査当日
当日の朝食、昼食は絶食です。ただし、水分は可能です。
  1. 問診
    既往症、内服薬、薬剤アレルギーなどの確認を行います。
  2. 検査
    検査の負担を軽くするため、点滴より鎮静剤・鎮痛剤を使用します。検査は個人差がありますが20分〜30分位です。当センターは、病理組織診断までで、治療は行なっておりません。
  3. 検査後
    すぐに飲食は可能です。当日の生活・食事など注意事項の説明があります。
4.検査結果について
検査終了後、担当医師より簡単な説明があります。詳しい検査結果は、後日、主治医へ郵送しますので必ず説明を受けてください。


検査の注意事項
  • 検査後眠気が残るため 30分ほどお休み頂いてからの帰宅となります。
  • 鎮静剤の作用によるふらつき、眠気等が持続する場合があるため、当日はご自身での車・バイク・自転車の運転は避けてください。



関連ページ
ピロリ菌(広報誌 げんき人60号)表紙 ピロリ菌(広報誌 げんき人60号)
おなかの中のイヤーな同居人、ピロリ菌のひみつ・・・
逆流性食道炎(広報誌 げんき人51号)表紙 逆流性食道炎(広報誌 げんき人51号)
症状は軽くても、食道がんにつながる危険性が!・・・
大腸癌なんでもQ&A(広報誌 げんき人53号)表紙 大腸癌なんでもQ&A(広報誌 げんき人53号)
大腸がんは、早期に治療すれば完治しやすいがん・・・


検査のお申込みについてイラスト 検査のお申込みについて
 
  • 当センターで検査をお受けいただくためには、医療機関からの紹介(検査依頼)が必要です。  かかりつけ医または医療機関にご相談ください。
  • 検査はすべて予約制になっています。
  • 各学会認定専門医等による検査・診断を行い、必要な場合は治療方針などもご提案します。
 
精密検査
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.