公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 精密検査 > ホルター心電図
ホルター心電図
ホルター心電図とは?
ホルター心電図イラスト心臓は、洞結節という場所から発生した電気刺激が刺激伝導系を伝わることで拍動します。 この電気刺激が伝わる状態を、体の表面に付けた電極でとらえ波形に描き出すのが心電図です。(参考資料:心臓の伝導系図

ホルター心電図とは、心電図を長時間継続して記録する検査です。通常は24時間記録するため、 24時間心電図とも呼ばれることがあります。

胸に電極を付け、携帯型の小型記録器に心電図を連続して記録します。記録器を取り付けた後は 普通の生活をしていただきます。シャワーや入浴も可能ですが、24時間の記録が必要なため夜寝ている間もはずしません。

この検査は不整脈や狭心症などの診断に役立ちます。



検査の目的
普通の心電図では記録時間が短いため、たまにしか症状が現れない状態では異常波形を記録することができません。そこで、寝ている間やいつ起きるかわからない心電図変化を記録する方法としてホルター心電図検査が行われます。

日常生活の中で24時間記録することにより、不整脈や心電図異常などの変化がいつ、どれだけ、どのぐらいの時間起こっているか等を把握し、不整脈の種類やその重症度などを調べます。
また、心電図変化と自覚症状や行動との関係についても調べます。

ホルター心電図波形図


検査内容と流れ
ホルター記録器装着時(腕)と行動記録票写真1日目

 1.問診票の記入
※症状が起こった時期やその程度、既往歴などの情報は検査を行ううえでとても重要な情報です。詳しくお知らせください。

 2.胸に電極を取り付けます。

 3.腕またはお腹に記録器を装着します。

 4.行動記録票や注意事項の説明を行います。

2日目

 1.記録器と電極の取り外し

 2.行動記録票の確認と提出


検査に関する注意事項
  • この検査は、器械の取り付け、取り外しが必要なため2日間お越しいただきます。
    取り付けには約20分、取り外しは10分程度で済みます。
  • 最近(1〜2ヵ月以内)検査した心電図や胸部エックス線写真をお持ちいただくと、検査前の情報としてとても参考になります。
  • 検査期間中(2日間)は、お渡しする行動記録票をつけていただきますが、忘れずにお持ちください。
  • 検査データは専用解析装置で波形を出力し循環器専門医が診断を行います。
    結果がでるまで、約1週間から10日程かかります。
    検査結果は依頼医療機関に郵送しますので、主治医の先生から結果説明を受けていただきます。
検査・記録中
  • 検査当日は、シャワーや入浴が可能です。
  • 記録器には自覚症状があった時に押すボタンがあります。
    ボタンを押すとともに行動記録票への記入をお願いします。


当センターで行っているその他の心臓検査


関連ページ
生活を正して心臓病予防イラスト 生活を正して心臓病予防
心臓病は、脳卒中、がんとともに日本の三大死因に数えられる恐ろし・・・
虚血性心疾患ってどういう病気(広報誌 げんき人46号)表紙 虚血性心疾患ってどういう病気(広報誌 げんき人46号)
自覚症状のないまま進行することも!・・・


検査のお申込みについてイラスト 検査のお申込みについて
 
  • 当センターで検査をお受けいただくためには、医療機関からの紹介(検査依頼)が必要です。  かかりつけ医または医療機関にご相談ください。
  • 検査はすべて予約制になっています。
  • 各学会認定専門医等による検査・診断を行い、必要な場合は治療方針などもご提案します。
 
精密検査
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.