公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 精密検査 > 超音波検査
超音波検査
超音波(エコー)検査とは?
超音波(エコー)検査イラスト人間の耳で聞き取ることのできる音域は約 20〜20,000Hzとされており、これより高い周波数の音を超音波といい、「超音波とは聞くことを目的としない音」と定義されています。

超音波を対象物に当てその反響を映像化することで、対象物の内部の状態を調べることができる画像検査法の一種で、海中の魚の状態を調べる魚群探知機を想像するとわかりやすいと思います。

超音波検査の種類

1.腹部超音波検査  2.甲状腺超音波検査  3.乳房超音波検査
4.心臓超音波検査  5.頸動脈超音波検査


医療検査で行われる超音波検査とは…
超音波の反射波を利用して、臓器の形や大きさ、内部の様子、血流状態を画像として描き出すのが超音波検査です。

調べたい臓器の身体の表面に探触子(超音波を発生させたり、反射波を受信する仕組みを持つ装置=プローブ)をあて、超音波を生体に発信し、組織・臓器から跳ね返ってくる反響音(エコー信号)を、モニターに画像を表示して診断します。「エコー」または「超音波」をしましょうと言われた場合は、通常この超音波検査のことです。画像表示方法にはいくつかの種類がありますが、超音波検査の基本はBモード画像ですべての臓器で使用します。

1.Bモード(断層)画像
プローブを動かしながらリアルタイムに画像を構成し病変を見つけます。
病変の大きさや内部の構造、周囲との関係など多くの情報が得られます。


2.Mモード画像
主に心臓で用いられるもので、目的とする場所を時間の経過を追いながら画像表示します。たとえば、血液を全身に送り出すために収縮や拡張を繰り返す心臓の壁や弁の動き、内腔の大きさの変化などを横軸に表します。

3.ドプラ(カラー、パルス)画像
調べたい場所の血流速度や方向など血流の状態を観察するための方法です。
カラードプラは血流に反射した信号をもとに血管に色をつけて表示し、血流の方向や血流の速さを調べます。動脈と静脈の鑑別も可能です。
腫瘍の良性・悪性の鑑別に有用な場合もあるとされています。



超音波検査の利点は…
  • 超音波検査は痛みや不快感がなく、放射線を用いないため被曝の心配もなく安全な検査です。
  • 妊婦さんには胎児の発育過程を観察するのにエコーが用いられているように、国内外で安全とされている検査で、妊娠の可能性のある方や、妊婦さんでも検査可能です。
  • 超音波を発信する方向を変えることで、いろいろな角度から調べることができ、画像がリアルタイムに表示されます。
  • 比較的短時間で非常に多くの情報を効率・効果的に知ることができ、検診などのスクリーニング検査からより精密な検査まで行うことができます。


当センターで行っている超音波検査は…
超音波診断装置写真  1.腹部
 2.甲状腺
 3.乳房
 4.心臓
 5.頸動脈


検査結果は、検査終了後に担当医師から簡単な説明をいたしますが、他の検査データや臨床情報との総合的な診断が必要となりますので、詳細は必ず主治医(依頼医療機関)の先生からお聞きください。

1.腹部超音波検査
腹部超音波画像(肝臓と腎臓)この検査では、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓などの腹腔内臓器を検査します。
また、依頼があれば下腹部臓器として膀胱も行います。

腹部エコーでは様々な疾患が見つかります。
代表的なものは
  • 肝炎や脂肪肝、肝硬変や肝腫瘍などの肝臓疾患
  • 胆石や胆のうポリープ
  • 膵臓や脾臓の腫瘍
  • 腎臓ののう胞
など多種多様です。
胆石の超音波画像
検査内容
  • 腹部にゼリーを塗布し、プローブ(探触子)を軽く当て左右上下に移動させながら、腹部の各臓器をモニターを見ながらくまなく観察します。
  • 検査中は良好な画像が描出できるように仰向けや左側臥位、右側臥位などの体位変更を行います。
  • 検査時間は20分前後で、Bモードエコーで観察し必要に応じてカラードプラーを行ないます。
  • 検査は医師が担当します。
検査の注意事項
  • 検査は午前中に行われるため朝食は取らずにおいでください。水分は検査の1時間前までなら多少飲んでもかまいません。
  • 膀胱の検査では1時間前から排尿せずに、膀胱に尿をためていただく必要があります。

関連ページ
肝臓を知り早期発見イラスト 肝臓を知り早期発見
肝臓がん(肝がん)は東南アジア、東アジア、そしてこの日本でも・・・
体の中にできる困った石“胆石”(広報誌 げんき人44号)表紙 体の中にできる困った石“胆石”(広報誌 げんき人44号)
無症状でも油断は禁物!・・・

2.甲状腺超音波検査
甲状腺超音波画像苦痛や不快感を感じず簡単に行うことができるため、血液検査とともに甲状腺疾患に対し第一選択肢になることの多い検査です。

甲状腺の大きさや内部の規則(均一)性の確認、腺腫やがんがないかなどの評価を行います。

この検査では
  • バセドウ病や慢性甲状腺炎などのびまん性疾患
  • 腺腫様甲状腺腫や濾胞腺腫、がんなど
の結節性疾患が見つかります。

検査内容
  • 首にゼリーを塗り、プローブ(探触子)を軽く当て上下左右に移動させ観察します。
  • 検査時間は10分前後です。
  • 検査は医師が担当します。
検査の注意事項
  • 食事の制限はありません。
  • 首のまわりが出しやすい服装でいらしてください。

3.乳房超音波検査
乳房の超音波画像超音波検査はマンモグラフィに比べて小さな石灰化の診断は困難ですが、腫瘤(しこり)に関しては内部の状態など多くの情報を得ることができます。また、マンモグラフィが不向きな乳腺組織の発達した若い方などには、超音波検査が特に有効です。

乳房全体を観察し、腫瘤像の有無、乳管の拡張像や乳管内病変の観察、腫瘤像を形成しない病変などを検出し診断するものです。

この検査では
  • のう胞などの乳腺症病変
  • 線維腺腫などの良性腫瘍やがん
  • 脂肪腫や粉瘤などの皮下腫瘤
も見つかります。

検査内容
  • 上半身は下着も含めすべて脱ぎ、検査着に着替えていただきます。
  • 胸にゼリーを塗り、プローブ(探触子)をあて乳房全体観察します。
    しこりなど症状のある側の乳房だけでなく、左右両側を検査します。
  • 病変がわかりにくい場合などは触診で確認させていただく事があります。
  • 検査所要時間は15〜20分程度です。
  • 検査は主に検査技師が行いますが、より詳しく観察するために担当医師が行う場合もあり、必要によっては超音波ガイド下で細胞を採る(穿刺細胞診)ことがあります。
  • 検査結果は、マンモグラフィ等の判定を含めて総合的に判断するため、検査終了後に診察室で行います。
検査の注意事項
  • 食事の制限はありません。
  • 上半身の服は脱いでいただきますので、上下の分かれる服装でいらしてください。

関連ページ
乳がんをより早く、徹底的に見つける!(広報誌 げんき人38号)表紙 乳がんをより早く、徹底的に見つける!(広報誌 げんき人38号)
急増する女性のがん・・・


4.心臓超音波検査
心臓超音波画像検査は循環器専門医が担当し、心臓の大きさ、心臓の壁(心筋)の厚さや動き、弁の状態や動きを調べます。また、カラードプラでは血液の流れに逆流や乱れがないかなども調べることができ、弁の状態や中隔の壁に穴がないかも確認できます。

得られた画像から心肥大や弁膜症、心筋梗塞などの他に、心臓の外側に水がたまっていないかなどもわかります。

検査内容
  • 先ず検査ベッドに寝てもらい、手足に心電図用の電極を取り付け、左を下(左側臥位)にして検査を始めます。プローブ(探触子)にゼリーを塗り、胸に軽く当て左右上下に移動させ心臓を観察します。
  • 検査は医師が担当し、検査時間はおよそ20〜30分程度です。
検査の注意事項
  • 食事の制限はありません。
  • 上半身の服は脱いでいただきますので、上下の分かれる服装でいらしてください。
  • 最近(1〜2ヵ月以内)検査した心電図や胸部エックス線写真をお持ちいただくと、検査前の情報としてとても参考になります。


関連ページ
生活を正して心臓病予防イラスト 生活を正して心臓病予防
心臓病は、脳卒中、がんとともに日本の三大死因に数えられる恐ろし・・・
虚血性心疾患ってどういう病気(広報誌 げんき人46号)表紙 虚血性心疾患ってどういう病気(広報誌 げんき人46号)
自覚症状のないまま進行することも!・・・


5.頸動脈超音波検査
   頸動脈の超音波画像頸動脈は、酸素や栄養などを含む血液を脳に送る重要な血管です。
この血管の状態を見るため、首の外から超音波をあて、血管の走行、血管壁の厚さやプラークの有無、カラードプラを利用して血液の流れ方やその量などを調べる検査です。

痛みもなく簡単で、画像表示により動脈硬化の程度がわかります。この血管を調べることで、全身の血管状態や動脈硬化の程度が予測できます。

動脈硬化は自覚症状がなく進行し、また脳血管障害や心臓病などいろいろな病気を起こす原因ともいわれています。糖尿病、高脂血症、高血圧といわれた方やその疑いのある方は一度検査をお勧めします。

脳ドック学会のガイドラインで、頸動脈病変の動脈硬化診断法として頸動脈エコー検査が推奨されています。これを受けて、当センターでは脳ドックの検査項目としても実施しています。


検査内容
  • プローブ(探触子)にゼリーを塗り首に軽く当て上下左右に移動させながら観察します。
  • 左右にある頸動脈を調べるため、顔を左右に傾けていただきながら検査します。
  • 脳ドッグでは、検査時間は30分前後です。
  • 脳神経外科専門医が他の検査データなどを含めて総合診断を行っていますので、検査結果は後日になります。
検査の注意事項
  • 食事の制限はありません。
  • 首のまわりが出しやすい服装でいらしてください。




検査のお申込みについてイラスト 検査のお申込みについて
 
  • 当センターで検査をお受けいただくためには、医療機関からの紹介(検査依頼)が必要です。  かかりつけ医または医療機関にご相談ください。
  • 検査はすべて予約制になっています。
  • 各学会認定専門医等による検査・診断を行い、必要な場合は治療方針などもご提案します。
 
 
精密検査
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.