公益財団法人世田谷区保健センターお問い合わせ・お申し込みは TEL:03-3410-9101
文字サイズ縮小標準拡大

各種申込方法交通案内
HOME健康増進検診・健診脳ドック特定保健指導精密検査医療機関の皆様へ健康情報
HOME > 精密検査 > 子宮精密検査
子宮精密検査
子宮精密検査イラスト子宮がんは、子宮の入り口にできる頸がんと、子宮の奥にできる体がんがあります。

子宮頸がんは、女性性器悪性腫瘍の中で最も頻度が高いがんで、30〜40歳代に多く見られますが、最近では以前に比べて20歳代の若い方に増えています。子宮頸がんは比較的治療しやすく予後の良いがんと言われていますので、子宮(頸部)がん検診を受け早期に発見することが重要です。

子宮体がんは、一般的に子宮内膜がんのことをいいます。子宮体がんでは、比較的早い段階から不正性器出血がみられることが一つの特徴です。不正性器出血があってもがんであるとは限りませんが、異常があれば早めに検査を受けましょう。

子宮精密検査とは?
子宮の精密検査は、子宮(頸部・体部)がん検診などの細胞診検査を受け、異型細胞がみられる等の細胞診異常が指摘された方などを対象に行われます。

細胞診検査は、前がん病変である異形成やがんなどの異型細胞を検出するためのスクリーニング検査であるため、正しい診断をするためにはさらに詳しい検査が必要になります。


検査内容
問診・内診の後、目的部位により下記の検査が行われ総合的な診断を行います。

目的部位

1.
子宮頸部では腟部・頸管などの頸部細胞診、コルポ診、子宮頸部組織診(狙い組織診)
2.子宮体部では体内膜細胞診、子宮体部組織診検査

検査方法

細胞診検査
精密検査では臨床情報などを参考に細胞を採取して細胞診検査を行います。

コルポスコープ コルポ診 検査
コルポスコープという内視鏡(子宮鏡)で子宮頸部を観察します。
子宮頸部粘膜の表面を拡大して観察した後、3%酢酸溶液を使用して粘膜の変化を観察します。
コルポ診で異常があった場合は、その部位の組織診が行われます。

組織像子宮頸部組織検査
子宮頸部から組織を採取して病理組織診断を行なう検査です。
狙い組織診は、コルポスコピーで病変の広がりと境界を確認し、異常部位を的確に狙って1〜数個の組織を採取します。病変が奥の方(頸管内)にあることが疑われた場合は、頸管内から組織を採取することもあります。

子宮体部組織検査
子宮体がんや内膜増殖症が疑われる場合は、子宮内膜の組織を採取して病理組織診断を行います。


検査の注意事項
  • 検査予約は、生理日をできるだけ避けてください。
  • 検査結果は1週間後となります。

関連ページ
乳がんをより早く、徹底的に見つける!(広報誌 げんき人38号)表紙 乳がんをより早く、徹底的に見つける!(広報誌 げんき人38号)
かつて、多くの女性の命を奪ってきた子宮がん。現在でこそ・・・


検査のお申込みについてイラスト 検査のお申込みについて
 
  • 当センターで検査をお受けいただくためには、医療機関からの紹介(検査依頼)が必要です。  かかりつけ医または医療機関にご相談ください。
  • 検査はすべて予約制になっています。
  • 各学会認定専門医等による検査・診断を行い、必要な場合は治療方針などもご提案します。
 
精密検査
HOMEに戻る

Copyright (C) 2009 Setagayaku Hoken Center All Rights Reserved.